新型コロナウイルス感染症について知って頂きたいこと

新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の特徴

 

1.  インフルエンザなど普通のウイルス感染症は、感染後に発熱や咳嗽などの自覚症状が出てはじめて感染が分かり、他の人にも感染するので、その時点で診断・検査するため比較的診断は簡単ですが、このウイルスは感染しても無症状のことが有りその間に、知らずに感染を拡げてしまうこと解ってきました。無症候感染者は本人の注意もなく、まわりに感染を拡げますので感染の防止が難しくなっています。

 

2.  検査すれば直ぐ分かるだろうと考えられている事
テレビや報道でPCR検査陽性者が感染者だと報道されていますので、なぜ直ぐPCR検査をしないのか不満が多いと聞きます。しかし、現在は国の指定した医療機関だけで行われるので、一般の診療所や病院では新型コロナウイルス感染症のPCR検査は出来ません。当院でも新型コロナウイルス感染症の検査は出来ませんことご了解下さい。

 

3.  PCR検査以外の、インフルエンザのような迅速簡易検査キットはまだありません。診察しても、ワクチンも治療薬もまだありませんので、対症療法だけです。重症化・死亡率は低いのであまりに不安にならないで

ください。

 

4.  感染者を診察したら閉院の危機もあります
一般の診療所などで発熱の診察受けて、後に指定医療機関で新型コロナウイルス感染症と分かれば、診察した医師や看護師など医療スタッフは「診察室を別にしたり、ゴーグル、ガウン、手袋に加えてN95マスクなどの防御セット装着がなされていない場合」には濃厚接触者とし14日間は医療機関の閉鎖となります。拡がれば地域での日常の診療が出来なくなります。

その為に発熱のある方は、診察前にまず電話でご相談下さい。
     当院の電話 0827 – 82 - 5123    

     令和2218日    院長

scroll-to-top